3回、栃木GBの村田が右前適時打を放つ=小山運動公園野球場

2回、栃木GBの谷津が左翼線へ2点適時二塁打を放つ=小山運動公園野球場

3回、栃木GBの村田が右前適時打を放つ=小山運動公園野球場 2回、栃木GBの谷津が左翼線へ2点適時二塁打を放つ=小山運動公園野球場

 野球独立リーグのルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、小山総合運動公園野球場で新潟と対戦、4-3で競り勝った。通算成績は5勝6敗で、順位は東地区4位のまま。

 栃木GBは初回、谷津鷹明(やつたかあき)の右翼線二塁打を足場に1死一、三塁とし、村田修一(むらたしゅういち)の中犠飛で先制。二回は谷津の左翼線二塁打で2点、三回には村田の右前打で1点を加え突き放した。

 投げては、先発秋山陸(あきやまりく)が制球に苦しみながらも5回3失点と粘りの投球。六回からは4人の投手の小刻みなリレーで、相手の反撃をかわした。秋山は公式戦初勝利を飾った。

 次戦は21日午後6時から、同球場で群馬と対戦する。