住宅庭先でキウイを食べるサル=8日午前、那須塩原市鍋掛(読者提供)

 8日午後0時10分ごろ、那須塩原市鍋掛の住宅庭先にサルがいると、住民男性が110番した。

 那須塩原署によると、サル体長は約75センチで、庭をうろうろ歩いていた。周辺はは住宅地で、東に数百メートルの場所に日新中がある。同じサルを見たとみられる住民らから通報が数件あった。

 同所、会社員男性(44)は同日午前9時半ごろ、隣の家の庭でキウイを食べるサルに気付き写真を撮った。男性は「こんなところにサルが出るのは初めて。太って大きくて危険だと思った」と話した。