裸眼視力が「1・0未満~0・7以上」の本県小、中学生の割合がそれぞれ35・0%、61・1%となり、比較可能な2000年度以降で最多となったことが8日までに、県のまとめで分かった。高校生の割合は70・0%で、中高生は全国平均を上回った。スマートフォンの普及などが影響しているとみられる。新型コロナ対策でオンライン学習の機会も増える中、県教委はデジタル機器の正しい使い方などを呼び掛けている。

 文部科学省が実施した2020年度学校保健統計調査のうち、本県分を県が取りまとめた。対象は5~17歳の一部で、県内の対象者は7万2874人。