改修作業が進む空き家

地元住民が集まれるよう本年度中に空き家を改装する

フードバンクに寄付する食料を持参した子どもにはおもちゃをプレゼントした

改修作業が進む空き家 地元住民が集まれるよう本年度中に空き家を改装する フードバンクに寄付する食料を持参した子どもにはおもちゃをプレゼントした

 【那須塩原】誰でも気軽に来られる居場所を作ろうと、高校生や大学生などでつくる団体「くろいそ未来の学校準備室」は来春のオープンを目指して上厚崎の空き家を改修している。季節に合わせたイベントなどを開き、新たな地域の交流拠点として根付かせたい考えだ。

 発起人は、同団体の大鹿哲太(おおしかてった)代表(21)。高校卒業後に入社した会社で仕事などについて悩む中、地元の友人と話したり、地域の活動に関わったりして心が軽くなったことから「今をつらいと感じ、誰かに話を聞いてもらいたい時に帰って来られる場所をつくろう」と考えるようになった。