平和への誓いを新たにした市戦没者追悼式

平和への誓いを新たにした市戦没者追悼式

平和への誓いを新たにした市戦没者追悼式 平和への誓いを新たにした市戦没者追悼式

 【鹿沼】市戦没者追悼式が5日、市民文化センターで開かれた。遺族や市議など約50人が参列し平和への誓いを新たにした。

 参列者全員で市内の戦没者3143人に黙とうした後、佐藤信(さとうしん)市長が「戦争の悲惨さと平和の尊さを胸に深く刻み、風化させることなく次の世代に継承していくことが責務」と式辞を述べた。

 続いて市遺族会連合会の小曽戸広(おそどひろし)会長が「私たちの子孫には戦争のない明るい未来を生きてもらえるよう恒久平和を訴え続けていく」と追悼の言葉を述べ、最後に参列者が献花を行った。