高校野球の栃木高野連第12回1年生大会県大会は6、7日、清原球場ほかで2回戦までの6試合を行い、白鴎大足利、文星芸大付、青藍泰斗、国学院栃木が4強入りした。

 ブロック予選を勝ち抜いた8校と秋季県大会優勝の白鴎大足利、準優勝の文星芸大付の10チームが出場し7イニング制で実施。2回戦で前回準優勝の文星芸大付は1-0で石橋に競り勝ち、白鴎大足利は6-2で烏山を下した。青藍泰斗は8-5で大田原に勝利、国学院栃木は6-1で真岡工を振り切った。

 大会最終日は13日、清原球場で文星芸大付-国学院栃木、白鴎大足利-青藍泰斗の準決勝と決勝の3試合を原則無観客で行う。