書や篆刻など力作66点並ぶ 鹿沼・文化祭書道展

 【鹿沼】第39回市民文化祭書道展が27日、市民文化センターで始まった。年に一度の展示会に合わせ、出品者の自信作が並んでいる。29日まで。

 プロの書道家・指導者13人をはじめ、市内在住者、市内の書道教室に通う愛好者ら計66人が、62点の書と4点の篆刻(てんこく)を出品。漢詩や短歌、詩、漢字1文字などが楷書、草書、隷書などで書かれている。