第2ピリオド11分、バックスのGK福藤が相手シュートを止める=日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」のHC栃木日光アイスバックスは7日、日光霧降アイスアリーナで東北と対戦し、4-3で競り勝った。3連勝で通算5勝3敗。

 バックスは第1ピリオド6分にFW大椋舞人のゴールで先制。11分にDF石川貴大、15分にFW鈴木健斗のシュートも決まり3-0。第2ピリオド2分にFW乾純也が4点目を決めたものの、その後は東北の反撃に遭い16分に初失点。第3ピリオド中盤にも2失点して1点差に追い上げられたが、辛くも逃げ切った。

 次戦は20日午後2時から、同会場で横浜と対戦する。