第3ピリオド終了間際、自陣ゴール前で懸命に守るGK福藤(左から2人目)らバックスの選手たち=日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」は6日、日光霧降アイスアリーナほかで2試合を行い、HC栃木日光アイスバックスは東北に4-3で競り勝った。通算4勝3敗で今季初めて勝ち越し、2位に浮上した。

    ◇    ◇

 第3ピリオド5分を過ぎても敵陣の氷はきれいなまま。荒く削られたバックス陣とのコントラストがこの試合のタフさを象徴した。