第1クオーター、ブレックスのスコットがシュートを決める=帯広市のよつ葉アリーナ十勝

 バスケットボールB1第6節は6日、各地で11試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスは北海道帯広市のよつ葉アリーナ十勝で同地区の北海道に93-70で圧勝し、今季初の3連勝を飾った。通算成績は6勝4敗。

    ◇    ◇

 ブレックスのチェイス・フィーラーが出場19分間で今季最多の22得点。「集中力を持って試合に入れた」と北の大地で無双の活躍を見せた。

 第2クオーター立ち上がりに“フィーラータイム”へ突入。2本の3点シュートを沈めると、極め付きは、速攻の展開でテーブス海(かい)のパスを片手で豪快にアリウープ。開始1分半で連続8得点を奪い、試合の行方を決定付けた。

 今季出場10試合目。「互いの理解度が深まってきた」と徐々にパフォーマンスが向上している。「後半はチームが緩んだ。相手に勢いを与えないようにしないと」と気を引き締めることも忘れていなかった。