アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」のHC栃木日光アイスバックスは6日、日光霧降アイスアリーナで東北と対戦し、4-3で勝利を収めた。通算4勝3敗で2位に浮上した。

 バックスは第1ピリオド6分にFW古橋真来が先制。第2ピリオド6分に再び古橋が決めた。その後、1点差に詰め寄られたが15分にFW寺尾勇利のゴールでリードを広げた。第3ピリオドは終盤に相手の6人攻撃で1点差に迫られたが逃げ切った。

 次戦は7日午後2時から、同会場で同カードを行う。