第101回全国高校ラグビーフットボール大会県予選最終日は6日、佐野市運動公園陸上競技場で決勝を行い、国学院栃木が15トライを奪って99-0で佐野日大に完封勝ちし、22年連続27度目の頂点に立った。

 国学院栃木は前半、6分にプロップ山口幸之助のトライで先制すると、その後もモールで押し込むなどし47-0と圧倒。後半も攻撃の手を緩めず、フッカー吉田温広のトライなど計8トライで突き放した。

 国学院栃木は12月27日から、東大阪市の花園ラグビー場で開幕予定の全国大会に出場する。