優勝を報告した梅原さん(左)

 【小山】茨城県で8月に開かれた第48回全日本中学校陸上競技選手権大会の男子800メートルで優勝した間々田中2年梅原俊太(うめはらしゅんた)選手(14)がこのほど、浅野正富(あさのまさとみ)市長を表敬訪問した。

 全国大会は初出場。緊張しないよう日常生活のことを考えながら走ったという。浅野市長は「2年生で全国1位は本当にすごい。日本の陸上界を背負って立てるように頑張ってほしい」と激励。梅原選手は「友達もすごいと言ってくれたことがうれしかった。今後はマラソンでオリンピックに出場することを目標に頑張りたい」と話していた。