女子1区で大差を付けて区間賞を獲得し、チームを勢い付けた文星女の山田=カンセキスタジアムとちぎ

 男子第74回、女子第36回栃木県高校駅伝競走大会は3日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎ(男子7区間42キロ、女子5区間21キロ)で行われ、男子は那須拓陽が2時間10分12秒で4年連続12度目の優勝。女子は宇都宮文星女が1時間14分1秒で2年連続4度目の頂点に輝いた。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3年連続でトラック開催。たすきはつながず、オープン参加も含め男子18、女子9チームが区間別にレースを行い合計タイムで優勝を争った。

 宇都宮文星女は全5区間で区間賞の走りを見せて完全優勝。最長6キロの1区山田未唯(やまだみゆ)が10秒差をつけ、2区深澤雫月(ふかさわしずき)がさらに26秒リードを広げた。1分52秒差の2位に国学院栃木、3位は那須拓陽が入った。

    ◇    ◇

 「また全国へ」。思いを一つにトラックを駆け抜けた。宇都宮文星女が全5区間で区間賞の完全優勝で2連覇を達成。1区を走った2年生エース山田未唯(やまだみゆ)は「1年間練習してきた結果を出せてうれしい」と笑顔を輝かせた。