男子第74回、女子第36回栃木県高校駅伝競走大会は3日、カンセキスタジアムとちぎ(男子7区間42キロ、女子5区間21キロ)で行われ、男子は那須拓陽が4連覇、女子は宇都宮文星女が2連覇を果たした。

 那須拓陽は2、6、7区を除く4区間で区間賞を獲得。宇都宮文星女は全5区間で区間賞となる走りを見せ完全優勝を飾った。

 両校は12月26日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場で行われる全国大会に出場する。