任期満了に伴う那須烏山市長選は22日投票が行われ、即日開票される。いずれも無所属新人で、元学習塾講師の無職塚原雅志(つかはらまさし)氏(67)と、前市議の歯科医川俣純子(かわまたじゅんこ)氏(57)=自民、公明推薦=が立候補している。

 塚原氏は「この市は死ぬか生きるかの分かれ目にある」として市政改革の必要性を強調。無料バス運行や那須南病院の改革、財政再建などを公約に掲げる。

 川俣氏は「市に明るさと活気を取り戻したい」と立候補。選択と集中による行財政運営や医療・福祉の充実などの施策を掲げ、市民の声を生かしたまちづくりなどを目指す。国や県、近隣市町との連携強化による市政発展も訴えている。

 投票は22日午前7時~午後7時に市内24カ所で行われ、同8時から市烏山体育館で開票される。