当選を確実にし、関係者とグータッチする簗和生氏(左)=31日午後8時15分、大田原市中田原

 「自民王国」は揺るがなかった。31日に投開票された衆院選。県内5小選挙区のうち4区では、自民党前職の佐藤勉(さとうつとむ)氏(69)が立憲民主党新人の藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(44)の猛追をかわした。1、3、5区では自民前職の3氏が大勝、2区では新人の五十嵐清(いがらしきよし)氏(51)が比例で復活当選して小選挙区の自民候補全員が議席を獲得、底力を見せつけた。一方、立民は2区で前職の福田昭夫(ふくだあきお)氏(73)が五十嵐氏を破り、藤岡氏も比例で復活当選するなど善戦。藤岡氏は野党統一候補として自民の批判票を呼び込み、大物を追い詰めた。

 4期目に臨んだ自民党前職簗和生(やなかずお)氏(42)。大田原市中田原の結婚式場での結果報告会には、3区内の首長や一部県議、市町議ら支持者が集まった。午後8時すぎ、大型スクリーンに映し出されたニュースで早々と「当確」が流れると、拍手と歓声が沸き起こった。

 選対本部長の津久井富雄(つくいとみお)大田原市長は「4期目の当選。いよいよ実力議員が3区に誕生した。温かい支援のおかげ」と感謝した。

 簗氏は「今回は強力な後援会の組織をつくっていただき、皆さまの力のたまもの」と礼を述べ、「4期目は、期待も大きくなる。責任の重みを受け止め、全力で地元の発展に精進したい」と誓った。報告会終了後には、帰路に就く支持者一人一人を見送った。