10期目の当選を果たし、支援者の祝福を受ける茂木敏充氏=31日午後8時13分、足利市南町

 「自民王国」は揺るがなかった。31日に投開票された衆院選。県内5小選挙区のうち4区では、自民党前職の佐藤勉(さとうつとむ)氏(69)が立憲民主党新人の藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(44)の猛追をかわした。1、3、5区では自民前職の3氏が大勝、2区では新人の五十嵐清(いがらしきよし)氏(51)が比例で復活当選して小選挙区の自民候補全員が議席を獲得、底力を見せつけた。一方、立民は2区で前職の福田昭夫(ふくだあきお)氏(73)が五十嵐氏を破り、藤岡氏も比例で復活当選するなど善戦。藤岡氏は野党統一候補として自民の批判票を呼び込み、大物を追い詰めた。

 午後8時の時報直後、自民党前職で外相の茂木敏充(もてぎとしみつ)氏(66)の「当選確実」をテレビが報じた。開票率0%でのいわゆる「ゼロ当確」で共産党新人との一騎打ちに圧勝した。

 足利市南町の選挙事務所に集まった多く支持者の拍手と歓声の中、同党県連幹事長の木村好文(きむらよしふみ)選対委員長の発声で万歳三唱。茂木氏は「皆さんの力で10回目の戦いにふさわしい、次なる高みを目指すステップにする結果を出していただいた」と深々と頭を下げ「まずは(新型)コロナからの回復、一日も早く日常を取り戻し、景気回復を図る。大型の経済対策や新たな成長分野への投資で、成長と分配の好循環を回していきたい」と引き続きの活躍を誓っていた。