比例復活当選を決め支持者とグータッチする五十嵐清氏(右)=1日午前0時半、鹿沼市西茂呂2丁目

 「自民王国」は揺るがなかった。31日に投開票された衆院選。県内5小選挙区のうち4区では、自民党前職の佐藤勉(さとうつとむ)氏(69)が立憲民主党新人の藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(44)の猛追をかわした。1、3、5区では自民前職の3氏が大勝、2区では新人の五十嵐清(いがらしきよし)氏(51)が比例で復活当選して小選挙区の自民候補全員が議席を獲得、底力を見せつけた。一方、立民は2区で前職の福田昭夫(ふくだあきお)氏(73)が五十嵐氏を破り、藤岡氏も比例で復活当選するなど善戦。藤岡氏は野党統一候補として自民の批判票を呼び込み、大物を追い詰めた。

 自民党県連の候補者公募で選ばれ、初の国政選挙に挑んだ自民新人の五十嵐(いがらし)清(きよし)氏(51)。小選挙区では涙をのんだが、1日午前0時25分すぎに比例復活当選の一報が入ると、鹿沼市西茂呂2丁目の日晃コンベンションホールは大きな拍手に包まれた。五十嵐氏は「まずは議席を得られて仕事ができることに感謝したい」と支持者に語った。

 選挙戦では「地域課題が山積する2区には与党の衆院議員が必要」と国や県とのパイプの太さを強調した。ミニ集会を重ねて知名度向上を図る一方、茂木敏充(もてぎとしみつ)外相(66)や福田富一(ふくだとみかず)知事(68)が複数回応援に入るなど組織的な戦いも展開した。

 目指した小選挙区の議席奪還はならず「小選挙区で議席を獲得できなかったことは申し訳ないと思っている」と悔しさをのぞかせた。それでも拠点を小山市から移す「国替え」の決断で国政への「夢」をかなえた。