比例で復活当選し、支持者と握手する藤岡氏=1日午前0時50分、小山市駅南町1丁目

 「自民王国」は揺るがなかった。31日に投開票された衆院選。県内5小選挙区のうち4区では、自民党前職の佐藤勉(さとうつとむ)氏(69)が立憲民主党新人の藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(44)の猛追をかわした。1、3、5区では自民前職の3氏が大勝、2区では新人の五十嵐清(いがらしきよし)氏(51)が比例で復活当選して小選挙区の自民候補全員が議席を獲得、底力を見せつけた。一方、立民は2区で前職の福田昭夫(ふくだあきお)氏(73)が五十嵐氏を破り、藤岡氏も比例で復活当選するなど善戦。藤岡氏は野党統一候補として自民の批判票を呼び込み、大物を追い詰めた。

 4度目の選挙となった立憲民主党新人藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(44)は「最後の挑戦」と退路を断ち、自民前職との初の一騎打ちに挑んだ。小選挙区では敗れたものの、1日午前1時ごろ、比例復活当選の一報が伝えられると、小山市駅南町1丁目の選挙事務所は歓喜に包まれた。

 小選挙区の情勢は序盤から接戦が伝えられてきた。31日午後11時半ごろ、小選挙区での敗戦の一報が伝えられると事務所内には落胆の声が広がった。得票数は10万票以上。比例復活に望みを託して約1時間半後、初出馬から約9年間待ち続けた瞬間が訪れると、支援者から藤岡氏に大きな拍手が送られ、喜びを分かち合った。

 「自民党に対抗する」。野党統一候補として非自民の期待を背負って泥臭く活動した。前回の敗北から4年間で約4万軒を戸別訪問。「小山市から国会議員を」を合言葉に支援を呼び掛けてきた。復活当選を受けてあいさつした藤岡氏は「みなさんのおかげです。ありがとうございます。この国のため地元のため、尽くしていきます」と語った。訪れた浅野正富(あさのまさとみ)小山市長は「小山市のみんなで応援していきます」と祝った。