当選を祝う花束を受け取り、笑顔をみせる福田昭夫氏=31日午後9時20分、日光市森友

 「自民王国」は揺るがなかった。31日に投開票された衆院選。県内5小選挙区のうち4区では、自民党前職の佐藤勉(さとうつとむ)氏(69)が立憲民主党新人の藤岡隆雄(ふじおかたかお)氏(44)の猛追をかわした。1、3、5区では自民前職の3氏が大勝、2区では新人の五十嵐清(いがらしきよし)氏(51)が比例で復活当選して小選挙区の自民候補全員が議席を獲得、底力を見せつけた。一方、立民は2区で前職の福田昭夫(ふくだあきお)氏(73)が五十嵐氏を破り、藤岡氏も比例で復活当選するなど善戦。藤岡氏は野党統一候補として自民の批判票を呼び込み、大物を追い詰めた。

 与野党一騎打ちの激戦区は、立憲民主党前職福田昭夫(ふくだあきお)氏(73)が制した。

 午後8時、日光市森友の選挙事務所に吉報が届くと、陣営関係者らから大きな拍手が沸き起こった。支持者らと万歳三唱した福田氏は「素晴らしい運動を展開していただいた結果、素晴らしい結果につながった。本当に感謝します」と話し、何度も頭を下げた。

 前回に続き、自民党候補との一騎打ちとなった選挙戦。相手は違うものの、約9600票差で勝利した前回よりも厳しい戦いが予想されていた。

 福田氏は「昭夫党」と呼ばれる強力な後援会を中心に、選挙区を細かく回るなど精力的に運動を展開。旧今市市長や知事、国政での30年の政治経験を武器に、格差社会の是正や消費税に頼らない税財源の確保などの政策をアピールした。会員制交流サイト(SNS)の活用にも力を入れ、若者をはじめ幅広い年齢層への支持拡大を図った。

 政権交代を訴え、6回目の当選を果たした福田氏は「自民党政権が行ってきた日本の破壊、特に人や地方が疲弊している。こうしたことをしっかり立て直すため全力で頑張る」と決意を語った。