栃木県選挙管理委員会は31日に投票が行われている衆院選で、足利市内の投票所で投票用紙の二重交付があった可能性があると発表した。

 県選管によると、31日正午ごろ、足利市内の東山小で投票用紙の残数を確認した際、比例代表の投票用紙が1枚足りないことが分かった。