PK戦で宇都宮工のGK鈴木颯が4人目を好セーブ=サンエコ自然の森サッカー場

 第100回全国高校サッカー選手権大会栃木大会第4日は30日、鹿沼市のサンエコ自然の森サッカー場ほかで4回戦8試合を行い、ベスト8が出そろった。シード勢は宇都宮工、矢板中央、佐野日大、真岡、宇都宮短大付など7校が準々決勝に進んだが、栃木は0-3でさくら清修に敗れた。

Web写真館に別カットの写真

 宇都宮工は0-0からPK戦の末、宇都宮白楊に辛勝。宇都宮白楊のFW斎藤承龍(さいとうしょうりゅう)を中心とした攻撃に再三にわたり決定機をつくられたが無失点。PK戦でGK鈴木颯人(すずはやと)が1、4人目を止めて勝利を手にした。さくら清修はMF和気渚央(わきなお)、FW秦野颯(はたのそう)、MF落合大翔(おちあいひろと)のゴールで栃木に快勝した。

 大会第5日は3日、宇都宮市の河内総合運動公園陸上競技場ほかで準々決勝4試合を行う。