20日、ソウル中央地裁で開かれた朴槿恵前大統領の判決公判(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国のソウル中央地裁は20日、情報機関、国家情報院から巨額の裏金を受け取ったとして収賄などの罪に問われた前大統領、朴槿恵被告(66)に懲役6年、追徴金33億ウォン(約3億3千万円)の判決を言い渡した。検察は懲役12年などを求刑していた。

 地裁は20日、別の公選法違反事件でも懲役2年の判決を言い渡した。朴前大統領は大企業から賄賂を受け取ったとする収賄罪にも問われ、4月に懲役24年の一審判決を受けており、懲役年数の合計は32年に上っている。

 朴前大統領は一貫して公判への出廷を拒んでおり、20日も欠席した。