投票率向上を目指す活動プランを練るTEPのメンバーら=8日午後、小山市駅東通り2丁目

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられ、最初の選挙が行われた2016年から5年が経過した。10代や20代の投票率は依然として低い傾向にあるが、政治に関心を寄せる若者や、選挙啓発の活動をする大学生もいる。衆院選の投開票まであと1日。「投票しよう」-。同世代に向け呼び掛けている。

 関心のある政策を問うアンケートの実施に、会員制交流サイト(SNS)ツイッターで投票の呼び掛け-。

 若者の選挙啓発のため活動する白鴎大の学生団体「栃っ子!選挙推進プロジェクト(TEP)」の取り組みだ。投開票日が間近に迫る中でも、仕掛け続ける。