宇都宮市は26日、同市新里町の道の駅うつのみやろまんちっく村で12月18、19日に予定されていた自転車オフロードの国際レース「2021宇都宮シクロクロス(CX)」(宇都宮サイクルスポーツ推進委員会主催)の開催中止が決まったと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響で、昨年に続いて2年連続の中止となる。

 海外からの選手の招聘(しょうへい)が困難であることや、12月の感染状況が不透明であることなどが理由。市は来年度の開催を目指し、海外有力選手の出場交渉のための情報収集などを続ける。

 宇都宮CXは2014年、ジャパンカップサイクルロードレースのエキシビションとして初開催。17年から国際大会となり、19年には2日間で計2万5千人(主催者発表)が観戦した。