応援演説する共産の倉林副委員長=26日午後、東武宇都宮駅前

 共産党の倉林明子(くらばやしあきこ)副委員長が26日来県し、東武宇都宮駅北口で衆院選候補者の応援演説を行った。

 倉林氏は「選挙の対決構造ははっきりしている。『自公政権』対『市民と野党の共闘』が問われている」と強調。野党4党で合意した事実上の共通政策に触れた上で「野党共闘の実現は、憲法破壊の自民公明政権から憲法を守る政権への大転換になる」と述べた。

 ジェンダー平等を争点の一つに位置付け、「男女格差の根っこにあるのは賃金格差。この課題を一緒に変えようではありませんか」と呼び掛けた。