スマホをかざして商品を購入する黒本頭取(左)=25日午前、宇都宮市

スマートストア実証実験を開始した栃銀御幸ヶ原支店=25日午前、宇都宮市

最後に端末にスマホかざして購入決済する様子=25日午前、宇都宮市

スマホをかざして商品を購入する黒本頭取(左)=25日午前、宇都宮市 スマートストア実証実験を開始した栃銀御幸ヶ原支店=25日午前、宇都宮市 最後に端末にスマホかざして購入決済する様子=25日午前、宇都宮市

 銀行支店の遊休スペースを活用し、農産物などをスマートフォン決済などで購入できる無人店舗「スマートストア」の実証実験が25日、栃木銀行(黒本淳之介(くろもとじゅんのすけ)頭取)御幸ヶ原支店(宇都宮市御幸ケ原町)でスタートした。人口減による労働力不足や食品ロスなど社会的な課題を、情報通信技術(ICT)の活用でどこまで補えるかを探る。2022年4月まで店舗を運営する。

 実証実験は、システムを提供するNTT東日本栃木支店(小林博文(こばやしひろふみ)支店長)の呼び掛けで、同行のほか商品を供給する地域商社のファーマーズ・フォレスト(宇都宮市新里町、松本謙(まつもとゆずる)社長)が参画した。