輪切りにしたバナナを焼酎につけ発酵させる。「この時、イースト菌を混ぜるのが私のオリジナル。発酵がより進みますから」。那須野が原博物館学芸員の多和田潤治(たわだじゅんじ)さん(42)お勧めの「バナナトラップ」レシピだ▼実はこれ、われわれ人間が食するお菓子ではなく、樹皮に塗ってクワガタやカブトムシをおびき寄せるためのわなである。買うだけでなく、実際に自分で採ってみたい。子どもたちにそんな相談を受けた際にも、このわなを紹介しているという▼身近な昆虫の特徴や生態を学び、捕まえるこつなどを伝授する同博物館の「なす昆18 昆虫採集、真っ最中」が人気だ。子どもたちに野外で新たな感動を体験してもらおうと、初めて企画した▼多和田さんによると、県内で発見された昆虫は1万種を超える。見た目が同じようでも、生態は必ずしも一致しない。例えば、チョウは花の蜜に集まると思いきや、樹液や動物のふんを好むチョウもいるというから多様性に驚く▼きょう20日は県内の大半の小中学校で終業式があり、待ちに待った夏休みに突入する。毎年、休み終盤になってあたふたしがちな自由研究にも、昆虫はもってこいのテーマではないか▼今年の休みは、少しの間でもいいからゲーム機やスマホをしまい、疑似でない本物の自然と向き合ってみてはどうだろう。