花束を受け取り、笑顔を見せる萩野=24日午後、都内

 2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダリストで小山市出身の萩野公介(はぎのこうすけ)(27)=ブリヂストン=が24日、現役引退を正式に表明した。都内で開いた記者会見で「悔いはない。やり切ったという強い気持ちがあるため現役を引退します」と話し、競技人生に終止符を打った。

 スーツ姿で登壇した萩野は「東京五輪が最後のレースだと決めて臨んだ」と明かした。これまでを振り返り「弱い自分をさらけ出し、最終的には萩野公介っていう人間を泳ぎながら表現した。自分の中ではかっこいい競泳人生だった」とすがすがしい表情で語った。

 萩野は作新学院高3年時の12年ロンドン五輪男子200メートル個人メドレーで銅メダルを獲得。16年リオ五輪は三つのメダルを手にし、万能スイマーとして日本競泳界をけん引したが、今夏の東京五輪は200メートル個人メドレーで6位だった。

 来春から大学院でスポーツ領域の勉強をする予定。指導者への道は否定したが「水泳界には携わりたいと思っている。栃木にも何か貢献できることがあれば全力でやりたい」と笑顔を見せた。