前半14分、文星付のMF臼井(手前)が先制点を決める=大松山運動公園陸上競技場

 第100回全国高校サッカー選手権大会栃木大会第3日は23日、下野市の大松山運動公園陸上競技場ほかで3回戦12試合を行い、シードの文星芸大付や宇都宮などが4回戦に進んだ。

 文星芸大付は前半だけで4点を奪って今市を圧倒。宇都宮はPK戦の末に小山南を下した。大会第4日は30日、同会場ほかで4回戦8試合を行い、シードの矢板中央、佐野日大などが初戦を迎える。試合は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保護者を除き無観客で行われている。