防衛省は19日、秋田、山口両県に導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、秋田県からの質問に回答した。本年度中に、レーダーが発する電磁波の住民への影響に関する環境影響調査に着手するとした上で、「不適との結論に至れば、配置しないこともあり得る」と説明した。秋田県が明らかにした。

 防衛省は一方で「配備の際は、人体に影響を与えないよう対策を施す」とも強調した。