2年前の前回大会に続いて個人タイムトライアルを制したブリッツェンの増田(中央)=広島県中央森林公園サイクリングロード(提供写真)

 自転車ロードレースの国内王者を決める全日本選手権大会は22日、広島県三原市の広島県中央森林公園サイクリングロードで開幕し、男女の個人タイムトライアルを行った。男子エリートの部は、2年前の前回大会で初優勝した宇都宮ブリッツェンの増田成幸(ますだなりゆき)(38)が連続優勝を飾った。

 レースは1周12キロのコースを3周する36キロのコースで争われた。増田は1周回目を出場選手の中で最速の16分33秒30で通過すると、その後もスピードは落ちることなく、最後は2位選手に47秒差をつける49分25秒40でゴール。圧勝で日本一の称号を手にした。

 昨年の同大会は新型コロナウイルスの影響で中止となったため、2年ぶりの開催。今年も当初は6月に行われる予定だったが、開催地の広島県が緊急事態宣言を出したため延期になっていた。