【鹿沼】佐藤信(さとうしん)市長は22日、新型コロナウイルスワクチン集団接種の予約受け付けを31日で終了すると発表した。集団接種は11月21日までに完了する見通し。同日の定例記者会見で明らかにした。

 10代を対象に30日、11月5日接種分として新たに560人分の枠を設けることや、接種対象者の約87%が接種完了、もしくは予約済みであることが理由。今後、希望者の接種は個別の医療機関のみになる。

 また、持病などで接種できない人がPCR検査を受けた場合、費用の3分の2を上限5千円で市内で使える商品券で補助する。併せて、自宅療養者への対応として佐藤市長は「県との個人情報の共有に関する覚書に基づき、パルスオキシメーターによる健康観察や食料品の提供などの支援体制を整える」と述べた。

 3回目の接種については11、12月中に医療従事者などへ接種券を送付し、順次接種を開始する。以降はこれまで同様、高齢者から年代別に接種を行い、来年7月末までの接種完了を目指すという。