東山道駅路跡とみられる遺構の発掘現場。断面には路面の補修跡とみられる層が数多く残る=21日午後、さくら市挾間田

東山道駅路跡とみられる道路跡の発掘場所

東山道駅路跡とみられる遺構の発掘現場。断面には路面の補修跡とみられる層が数多く残る=21日午後、さくら市挾間田 東山道駅路跡とみられる道路跡の発掘場所

 さくら市狭間田(はさまだ)で古代の幹線道路「東山道駅路(とうさんどうえきろ)」の一部とみられる道路跡が21日までに、同市と那須烏山市の合同試掘調査で見つかった。幅員12メートルで、両端に排水のための側溝を備える。

 専門家は「約30年前に付近で見つかった東山道駅路跡とほぼ同じ構造で、保存状態も良好。この地域に同駅路が通っていたとの推定が裏付けられた」としている。