衆院選の期日前投票をする有権者=20日夕、宇都宮市役所

 31日投開票の衆院選の期日前投票が20日、栃木県内全市町で始まった。30日まで計142カ所に投票所が設けられる。

 期日前投票所は各市町が最低1カ所設置。20日は市役所や町役場などで投票が始まり、今後公民館や商業施設、大学などでも行われる。多くが29、30日までで、時間はおおむね午前8時半~午後8時。

 有権者数が県内最多の宇都宮市は、今回1カ所を増設し計20カ所に期日前投票所を設ける。市役所1階の投票所では記載台の間隔を空けるなど新型コロナウイルス対策を図った。

 20日午後6時すぎに訪れた宇都宮市、公務員男性(48)は「投開票日が仕事で都合が合わないので来た。景気が上向くような政策を期待したい」と話した。

 県選挙管理委員会は、昨年の知事選で特に20~30代の投票率が低かったことを踏まえ、平日夜などにも投票できる期日前投票の積極的な利用を呼び掛けている。