比江島慎

 プロバスケットボールB1の栃木ブレックスは19日、B1シーホース三河のシューティングガード比江島慎(ひえじままこと)(27)と2018-19年シーズンの契約を結んだと発表した。比江島はワールドカップ2019アジア地区1次予選にも日本代表として出場した。

 福岡県出身の比江島は洛南高、青山学院大を経て13年にアイシンシーホース三河(現シーホース三河)に入団。1年目の13-14年シーズンからスターターとして活躍し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。昨季はレギュラーシーズン55試合とチャンピオンシップ4試合に出場し、レギュラーシーズン最優秀選手賞およびベスト5に選出された。

 ブレックスは比江島の公開入団会見を、7月20日午後4時半から宇都宮市オリオンスクエアで行う。