応援演説する福田知事=19日午後6時15分、宇都宮市内

 衆院選が公示された19日、福田富一(ふくだとみかず)知事は公務終了後、栃木1区の自民党公認候補者を支援するため宇都宮市内でマイクを握り、自民、公明両党による連立政権の継続を訴えた。

 福田知事は午後6時すぎ、同市の護国神社で開かれた1区前職の出陣式に出席。「しっかりと意見を言う人が国政にいることが、自民党、公明党を幅広くし、力強くして国民の信頼が得られる」として支援を要請。また「地方と中央の格差を埋める役割にも徹してほしい」と注文を付けた。

 福田知事は選挙期間中、公務の合間を縫って他の自民候補者の応援演説に立ったり、事務所を激励に訪れたりする予定。福田知事は取材に「県政発展に寄与してくれる人や、お世話になった人への恩返しとして応援したい」と話した。