【鹿沼】市は19日、新型コロナウイルス禍の中の育児支援策として、本年度生まれた新生児1人につき10万円を支給する「いちごっこ未来応援特別給付金」を含む約1億1600万円の本年度一般会計補正予算を同日付で専決処分したと発表した。

 同給付金の支給は昨年度に続いて2回目で、予算規模は5310万円。補正予算ではこのほか、新規事業として医療機関向けのPCR検査機器の導入支援で400万円、市民や事業者のPCR検査費用助成で計2500万円を盛り込んだ。教育支援策では国のGIGAスクール構想に伴うモバイルWi-Fi(ワイファイ)ルーター導入費用として577万円を計上した。