宇都宮短大付属高の生徒がメニューを考案した「とちぎから初夢寶船」

「高校生おせち商品化交流会」に参加する宇都宮短大付属高の生徒

宇都宮短大付属高の生徒がメニューを考案した「とちぎから初夢寶船」 「高校生おせち商品化交流会」に参加する宇都宮短大付属高の生徒

 宇都宮短大付属高調理科の生徒がメニューを考案したおせちが、今年に続いて来年も旅行会社の東武トップツアーズ(東京都)から全国販売される。今回のおせちの名称は「とちぎから初夢寶(たから)船」。洋食と中華の2段重に、菓子の入った別箱が付く。全24品のうち生徒が考案した6品が採用された。

 2020年12月から同科の現2、3年生140人がメニュー開発に取り組み、冬休みの課題として生徒たちは1品ずつメニューを考案した。

 採用されたのは「くるみ入りきんとん」「海老の変わり揚げさつまいも」「豚肉の昆布巻」のほか、フランスの新年を祝う伝統菓子「ガレット・デ・ロア」など6品。

 メニューが採用された生徒6人は先月下旬、オンラインで「高校生おせち商品化交流会」に参加。商品化に取り組んだ全国10校のうち6校の生徒がおせちの特徴を紹介したり、工夫した点を質問し合ったりするなどした。

 「くるみ入りきんとん」を考案した3年桜井和花(さくらいのどか)さん(18)は「交流会では私たちになかったアイデアやメニューが出てきて勉強になった。(来年の正月に)自分が考えたメニューをたくさんの人が食べてくれると思うとうれしい」と話す。

 今回も同科卒業生の小口裕幸(こぐちひろゆき)さんが和食料理長を務める宇都宮東武ホテルグランデが監修を務め、食品の販売事業などを手掛けるフードワークス(東京都)が製造を担当する。

 同校のおせちの予定販売数は300個。価格は1万8900円(3人前用)。商品は12月30日に冷凍配送される。