台湾の雰囲気満喫 合作映画記念し、30日までフェス 宇都宮

 【宇都宮】日台共同制作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」の完成記念イベント「宇都宮トキメキ☆台湾フェス」(同実行委員会主催)が29日、江野町のオリオンスクエアで始まり、多くの来場者がグルメやライブで台湾の雰囲気を満喫した。

 映画は、台湾生まれの女性と宇都宮生まれの男性が東日本大震災を機にSNS上で知り合い、結婚するまでを描いたノンフィクション・ラブストーリー。

 この日は、ヒカリ座で映画が公開されるのに合わせ、谷内田彰久(やちだあきひさ)監督らのトークショーでイベントがスタートした。

 会場には小籠包や水餃子、台湾ビールなどのブースが並んだ。