19日公示、31日投開票の衆院選を前に、県選挙管理委員会(伊藤勤(いとうつとむ)委員長)は18日、「貴重な1票を無駄にすることなく、必ず投票されるようお願いしたい」との談話を発表した。

 昨年の県知事選は投票率が30%台にとどまり、特に20~30代の投票率が低かったことを憂慮し、期日前投票の利用も呼び掛けた。