第1クオーター、ブレックスの比江島が3点シュートを決める=アダストリアみとアリーナ

第1クオーター、ブレックスのスコットがシュートを決める=アダストリアみとアリーナ

第1クオーター、ブレックスの鵤がシュートを放つ=アダストリアみとアリーナ

第1クオーター、ブレックスの比江島が3点シュートを決める=アダストリアみとアリーナ 第1クオーター、ブレックスのスコットがシュートを決める=アダストリアみとアリーナ 第1クオーター、ブレックスの鵤がシュートを放つ=アダストリアみとアリーナ

 バスケットボールB1第3節最終日は17日、各地で10試合を行い、東地区の宇都宮ブレックスは水戸市のアダストリアみとアリーナで同地区の茨城と対戦、84-69で今季初の連勝を飾った。通算成績は3勝3敗。

 ブレックスは第1クオーター(Q)、立ち上がりに比江島慎(ひえじままこと)の3点シュートなどが決まり連続9得点と流れをつかみ、その後もチェイス・フィーラーらが次々と得点を重ね30-6と圧倒。第2Qは相手と点を取り合う中で遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)が2本の3点シュートを沈め50-30で折り返した。

 第3Qはジョシュ・スコットらインサイド陣にボールを集めて得点を伸ばしたがターンオーバーから失点を繰り返し70-52。第4Qも序盤にスコアの伸びない時間が続いたが比江島、鵤誠司(いかるがせいじ)が相次いで3点シュートを沈め勝負を決めた。

 ブレックスはスコットが両チーム最多20得点と活躍。比江島が17得点、遠藤が12得点と続いた。次戦は23日午後7時5分から、東京都の青山学院記念館でSR渋谷と対戦する。