アンケートでは、政治や国会議員について感じていることを尋ねた。寄せられた声から一部を抜粋して紹介する。 ⇒「もっと言いたい!」ご意見箱に集まった声
年配者が年配者のための政治をしている。老若男女分け隔てのない政治をすれば、若者は関心を持つと思う(鹿沼市・20代男性)
 
国会議員に定年制を設けてほしい(さくら市・20代男性)
 
若い人がもっと増えてほしい(小山市、18、19歳男性)
 
国会議員の定数削減をすべきではないか(日光市、30代女性)
 
地方の声が届かなくなるので定数削減には反対。ただし比例代表制は見直すべきだ(宇都宮市・30代男性)
 
若い人や女性を増やすだけでは何の解決にもならないと思う(益子町・18、19歳女性)
 
説明責任を果たしたほうがいい。政治不信につながる(那須塩原市・20代男性)
 
政権運営能力がある野党がない(栃木市・20代男性)
 
有言実行性があまり感じられない(上三川町・20代女性) 
 
地方議員と比べ国会議員は何をしているのか見えにくい(宇都宮市・30代女性)
 
派閥やしがらみが多すぎて、議員がやるべきことややりたいことができなかったり、国民の意思が反映されなかったりする印象がある(壬生町・30代女性)
 
誰がやっても変わらない。マイナスのイメージ(下野市・30代女性)
 
魅力的な政策を掲げる人が多い。実現に向けて動く姿を会員制交流サイト(SNS)などで見たい(小山市・17歳以下男性)
 
最近、国会議員の不祥事が多すぎる。もっと厳しく選ぶべき(小山市・18、19歳男性)
 
議員は有権者の代表。有権者のレベルが上がらないとどうにもならない(宇都宮市、30代男性) 
 
ヤジを飛ばしたり、人の話を最後まで聞かなかったりするのはやめてほしい(真岡市・20代女性)
 
議会中に寝ている議員にお金を払うべきではない(下野市・17歳以下男性)
 
政策の実現に時間がかかっている印象がある(小山市・20代男性)
 
もっと若い世代のこれからを考えてほしい(茂木町・20代女性)
 

 このほかたくさんの意見が寄せられました。ありがとうございました。

⇒企画「選挙 どうする?」へのご意見・ご感想はこちら