深海のイラストから始まり、宇宙へワープするような仕掛けになっている

人気ラジオ番組で紹介された東武宇都宮百貨店の西側エレベーター

深海のイラストから始まり、宇宙へワープするような仕掛けになっている 人気ラジオ番組で紹介された東武宇都宮百貨店の西側エレベーター

 9月某日、とある番組の配信イベントを見ていた時のこと。画面に現れたのは、見覚えのあるデパートの何度も乗ったエレベーター…。「星野源(ほしのげん)さんのラジオで宇都宮東武が紹介されている!」と、叫ばずにはいられなかった。

 番組の正体は、音楽家・俳優の星野源さんがパーソナリティーを務めるニッポン放送の人気番組「星野源のオールナイトニッポン」(毎週火曜深夜1時)。放送作家・寺坂直毅(てらさかなおき)さんが全国のデパートを紹介するコーナーで、東武宇都宮百貨店の海底から宇宙へと絵が変わっていく通称“クリスタルエレベーター”がフィーチャーされたのだ。

 同店総務部担当部長の高木史枝(たかぎふみえ)さんによると、店舗増築で外の景色が見られなくなったエレベーターを楽しんでほしいと、ストーリー性を持たせたイラストをブラックライトで映す仕掛けにしたそうだ。ただ「設置から26年がたって、絵が見づらくなってしまいました」とぽつり。

 同店を紹介した理由について、寺坂さんは「子供の頃デパートを訪れた時、外の景色が見えるエレベーターやエスカレーターにわくわくした人が多いはず。このエレベーターはかつてのデパートにあった『わくわくする気持ち』を感じ、『デパートは楽しむ場所』という事を再認識させてくれた」。高木さんは「長年愛されてきたエレベーターがこういう形で話題となってうれしい」と話した。

 大好きな番組と公私ともお世話になっている同店の強力コラボに熱くなった。「番組もエレベーターもたくさんの人に愛されてほしいなあ」