「K-1甲子園」のチャンピオンベルトを肩に掛ける大久保=壬生町内

 高校生キックボクサー日本一を決める「K-1甲子園」(8月29日・東京都内)で、宇都宮北高2年の大久保琉唯(おおくぼるい)(17)=宇都宮市=が初優勝を飾った。全国トップ選手が集う国内最高峰の大会で、最も競技人口が多い55キロ以下級を初挑戦で制覇。「本当にうれしい。自信にもつながる」と輝くチャンピオンベルトを手に、満足そうな表情を浮かべている。

 大会はプロへの登竜門として知られ、歴代王者にはプロキックボクサーHIROYAなど第一線で活躍する選手が多い。最も軽い55キロ以下級は東、西日本の予選などを勝ち上がった16人がベルトを懸けて1ラウンドマッチで戦った。