人工巣塔の設置が検討されている渡良瀬遊水地の敷地周辺

 渡良瀬遊水地内に栃木市が設置を予定している国特別天然記念物コウノトリの人工巣塔について、寄贈者のライオンズクラブ(LC)国際協会333-B地区の市内9クラブは10日、ヘリを使って上空から設置候補地を視察した。

 市は寄贈を受けた2基の人工巣塔を本年度中に設置する計画。視察は設置候補地をコウノトリのように空から見ようと実施した。