街頭演説で支持を訴える日本維新の会の馬場幹事長=13日午後、JR宇都宮駅西口

 日本維新の会の馬場伸幸(ばばのぶゆき)幹事長が13日来県し、JR宇都宮駅西口で街頭演説を行った。次期衆院選栃木1区で立候補予定の候補者への支援を求めた。

 馬場幹事長は「岸田首相が誕生したが、改革するのか今までの自民党を受け継ぐのか分からない」と新政権に懐疑的な見方を示した上で、「維新の会はこれまで身を切る改革を行ってきた」とアピール。

 野党第一党の立憲民主党に対しても「自民の足を引っ張ることしかできない」と批判し、「人口や税収が減り国力が落ちるのを食い止めるには、抜本的な改革が必要。われわれは国会で対案を出して議論し、自民党ではできない仕事をしていく」と訴えた。