大阪・ミナミの戎橋の38度を示すモニター=19日午前

 厳しい暑さが続く京都市内で、日傘を差して歩く人たち=19日午前

 大阪・ミナミの戎橋の38度を示すモニター=19日午前  厳しい暑さが続く京都市内で、日傘を差して歩く人たち=19日午前

 日本列島は19日も高気圧に覆われて気温が上昇し、大阪府豊中市で38・6度を記録するなど各地で35度以上の猛暑日になった。熱中症とみられる救急搬送も相次ぎ、気象庁は高温注意情報を出して水分や塩分の補給、室温の適切な管理など対策を呼び掛けた。空気が乾燥している地域では火災が起きやすく、火の取り扱いにも注意が必要だ。

 大分県日田市でも38度を超え、他に京都市や大阪市、山口市、佐賀市、熊本県菊池市などで37度を超えた。強烈な日射で地表が熱せられており、午後は東日本や西日本の太平洋側で大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴った激しい雨が降る地域がありそうだ。