優勝した池田(宮城)のティーショット=那須伊王野CCアウト1番

 第25回県オープンゴルフ選手権大会(県ゴルフ場協議会、県プロゴルフ会、那須伊王野CC主催、下野新聞社など後援、賞金総額300万円、優勝賞金80万円)は12日、那須町の那須伊王野CC(6783ヤード、パー72)で行われ、アマチュアで東北福祉大2年の池田悠太(いけだゆうた)(宮城、作新学院高出)が3アンダー69で初優勝を飾った。アマ優勝は第21回大会以来4年ぶり3人目。

 同CCの北コースをアウト、南コースをインに設定。134選手(プロ81、アマ53)が出場。曇り、雨、晴れと目まぐるしく変わるコンディションに加え、固められたグリーンに苦しめられアンダーパーは15選手とスコアは伸びなかった。

 アウトスタートの池田は、前半2アンダーの34で首位グループの7選手に入った。インも3バーディー2ボギーの1アンダー35にまとめ、唯一の60台をマークした。

 1打差の2アンダー70の2位には岡田絃希(おかだげんき)(フリー)、永澤翔(ながさわしょう)(アローエースGC)、平井俊光(ひらいとしみつ)(エストリックス)の3選手が並んだ。

 今年の県プロ選手権を制した徳永弘樹(とくながひろき)(サンヒルズCC)は、今夏、中学日本一に輝いた鹿沼東中3年の常盤和也(ときわかずや)(鹿沼)らと共に1アンダー71で5位。連覇を狙った鈴木之人(すずきゆきと)(泉国際CC)は78で51位。優勝候補の一角に挙がっていた崎山武志(さきやまたけし)(アビバHD)は腰痛のため途中棄権した。